【これは必要】機内で快適に過ごせる便利アイテムをご紹介(毎回持って行きます)

便利グッツ

 

こんにちは。現役旅行会社員のしょうへいと申します。

本業は旅行会社員として勤務しながらブログにて旅情報発信活動をしております。本業では添乗員として海外に行く機会もあります。

 

先日、こんな質問を頂きました。

長いフライトになるのですが、機内に持ち込むお勧めのアイテムを教えて下さい。

長いフライトはとてもしんどいです。

  • ビジネスクラスにすれば快適に移動することもできますが、ウン十万円します。
  • 席が真ん中になった場合はトイレに行くことも簡単ではありません。
  • 体が硬直しますのでエコノミー症候群にも要注意です。

 

この記事では私自身が機内へ持ちこむ便利アイテムを紹介致します。少しでもフライトを楽にする方法が長いフライトを攻略するコツとなります。

機内で快適に過ごせる便利アイテムをご紹介

長いフライトはとても疲れがでます。機内で睡眠が上手くとることが出来ない人も多いです。

それではお勧めアイテムをご紹介していきます。

機内に持ち込む便利アイテム

マスク

機内はとても空気が悪く、乾燥しています。敏感な方はすぐ、喉の調子が悪くなるでしょう。マスクを使用するだけで感想予防・風邪予防に効果的です。

 

耳栓

周囲の音を気にすることなく眠るには必須アイテム。今では100均にありますので購入していきましょう。場合によっては機内のアメニティーにもあります。

 

アイマスク

機内は基本的に寝る時間になると電気を消灯します。しかし周りの方が全員消灯するとは限りませんので少しの外光が気になります。外光をシャットアウトするためにもアイマスクは必須アイテムです。また、寝顔を見られる心配もありません。

 

ネックピロー

これはあるとないとでは、大違いのアイテムです。機内のアメニティーでクッションなどありますが、なかなかフィットしません。少し良いものを持っていくことで、快適に過ごすことができます。睡眠の質を上げることにも繋がりますので持参していきましょう。最近のはコンパクトになるものばかりなので荷物の邪魔にもならないでしょう。騙されたと思って持ち込みましょう。出発の空港などで購入する方も非常に多いです。

 

歯ブラシ

飛行時間が長時間の場合、飛行中に食事が何回か出されます。歯ブラシも機内に持ち運ぶことをお勧めします。

 

常備薬

常備薬は肌身離さずが基本です。機内にも薬は用意されているケースがありますが、自分の使用する薬が1番安全で安心です。

 

イヤホン

機内でイヤホンもしくはヘッドホンが支給されます。映画を見る場合などに使用しますが、なかなかフィットしない場合が多いです。常日頃から使用しているイヤホンがあれば持ちこんでおきましょう。快適に映画を楽しむことができます。


長いフライトに備えて事前の準備編【小技】

機内で快適に過ごすためにはあらかじめ準備が必要になります。準備を整えた上で、快適にフライトを楽しみましょう。

機内へ入るまでに準備しておくこと

座席指定

航空券を手配する時に、座席指定を忘れずに!基本的には通路側をお勧めします。理由はお手洗いに行く場合、隣の人に一度移動してもらわないと通路まで出れないからです。長いフライトとなれば何度もお手洗いにいくケースがあります。気を使いますので、通路側をおすすめします。

 

服装

機内ではリラックスできる服装が理想です。体を締め付けるような服装が気圧の関係でさらに締め付けることになります。なるべくゆったりとして、柔らかく、締め付けの少ない服装で搭乗することをお勧めします。もしくは、着替えを持ちこむなどして対策をしましょう。

 

メガネにしましょう

これはコンタクトレンズを使用する方のみになります。搭乗してからコンタクトを外し、メガネにする作業は結構面倒です。化粧室も周りの方と使用するタイミングが被ってしまいますので、あらかじめ準備を整えておくことが、快適に過ごせるポイントの1つだと言えます。

 

携帯に暇つぶしをダウンロード

機内の映画って思ったより、自分好みのジャンルが少ないんですよね。行きと帰りの航空会社が同じだと基本的には同じ映画のラインナップ。それを解決するには、自分で準備する方法しかありません。

私はアマゾンプライムに加入しており予め映画を数本ダウンロードしておきます。興味のない映画で時間を潰すより、興味のある映画を見る方が何倍も時間が経過します。アマゾンプライムは月500円でさまざまなサービスがあるので大変お勧めです。また、小説、漫画などを購入してオフラインでも見れるようにしておくと準備ばっちりですね。

 

毎月スタバ1杯我慢するだけで満足のサービスが味わえます!月々¥500!

申込みはこちら→アマゾンプライム