【湯原温泉宿泊レポート】「湯原国際観光ホテル菊之湯」へ宿泊してきました【口コミ・レビュー・感想】

ホテルレビュー




 

湯原温泉は岡山県の北にある真庭市にあり、

とても由緒ある有名な温泉地です。

 

特に有名なのは、「砂湯」

ここは、全国露天風呂で「西の横綱」としてランクインするほど。

(ちなみに混浴ですよ…!www)

 

 

コロナウイルスの心配もあったので、岡山県内に泊まる「マイクロツーリズム」として、満喫しようと思い計画しました。

 

宿泊先は、湯原温泉街から近い「湯原国際観光ホテル菊之湯」さん

「砂湯」からは、もっとも近い旅館になります。温泉街も徒歩圏内で行けるのでアクセス抜群です!

しょうへい
それでは、宿泊レポートしていきます!!

 

【湯原温泉】湯原温泉にある廃墟は何!?なぜ壊さないのか?過去にはナニコレ珍百景にも登場

【湯原温泉】湯原温泉街にある「手湯足湯(てゆあしゆ)」同時にあたためて健康促進【料金無料】

【湯原温泉】「picnic or market ?(ピクニックオアマーケット)」は2Fで足湯で浸かりながらイートインできるカフェ【パン屋/お洒落】

湯原国際観光ホテル菊之湯 レビュー

湯原国際観光ホテル 菊之湯

 

コロナの影響で長いこと旅行へ行くことが出来ず、ようやくリフレッシュがてら県内のマイクロツーリズムを実施しました。

旅行するなら旅館へ泊り1泊2食付きでゆっくりしたいと思い、「湯原温泉」を選択しました。

 

 

旅館のチェックインは基本15:00

ちょっと早めに到着したので、フロントでひと休憩。

岡山市内からは高速道路を使用して1時間30分くらい。

トイレ休憩なしでも行ける距離です。

湯原インター降りて、10分程度で到着します。

 

 

チェックインを済ませ、お部屋に向かいます。

スタッフさんに、夕食時間、翌日の朝食時間などを報告します。

また、館内説明や、注意事項を聞きます。

 

 

基本スタンダートの和室はこんな感じ。

ちなみに布団は自分で準備するスタイルでした。

(コロナ対策だったのかな…?)

 

 

奥にはゆっくりできるスペースがあります。

旅館のこのスペースってわくわくしませんか…?www

しょうへい
ここでお酒を飲むのが最高なんですよね…

 

 

机には、お菓子とお茶セットが準備。

「旅館に来たー!」ってなりますよね。

 

「はんざきサブレ」が美味しかったので

旅行終了後に、ホテルのお土産屋で1ケース購入して帰宅しました…

 

 

お風呂とトイレは別々にありました。

温泉があるので部屋では入らない人が多いのかな…?

 

 

アメニティーは、ハンドソープのみ。

部屋にあるお風呂を利用するとなると、シャンプー等が必要になります。

ちなみに、ドライヤーも部屋にはありませんでした。

必要であれば、フロントに申し出てレンタルしましょう。

(もちろん無料です。)

 

 

お風呂とトイレが別々はありがたい…

ちょっと古く、手を洗う水が出たり、出なかったり…www

これも「歴史ある旅館っぽくて良い!」とプラス思考。

 

 

貴重品は金庫にしまいます。

が、チェックアウトまでに金庫を開けることができませんでした…

(壊れていたのか、開け方が違ったのか)

 

 

冷蔵庫は十分なサイズ。あるだけありがたい。

いろんなお酒を入れ、晩酌の準備です。

中は空っぽなので、有料ドリンクはありませんでした。

チェックアウト時には、中身をしっかり確認しましょう。

 

 

部屋の奥には、クローゼットがあります。

上着はここへ収納しましょう。

 

写真には写っていませんが、この下にアメニティーがありました。

  • 浴衣
  • バスタオル
  • 小タオル
  • 歯ブラシ
  • くし
  • ヘアーキャップ
  • カミソリ

 

化粧水・洗顔・シャンプー等はなかったので、必要な方は、準備していくことをおすすめします。

 

 

旅館内には合計三ヶ所の温泉があります。

  • 4階の神庭
  • 5階の錦繍
  • 屋上の冠月

 

男女入れ替え制になっておりますので注意!

 

 

まずは、屋上の大浴場へ。

タイミングが良く、誰も居なかったので写真を撮らせていただきました。

解放感があって、贅沢な空間。

この日はポロポロ雨が降っていたのですが、ちょっと熱めのお湯といい感じ…。

天気が良かったら星とか見れたりするのかな…?

 

 

あとは、4階と5階の大浴場へも行きました。

写真はありませんが、4階と5階を比べると

4階の方が広く、洗い場もたくさんありました。

5階は多少こじんまりって感じです。

 

貸切風呂

 

また、この旅館には「貸切風呂(家族風呂)」もあります。

料金は、45分間利用で¥3,500(込)

混雑時は予約が必須だと思います。

(特に現在はコロナの影響で取りにくいかも…)

 

 

とてもいい感じでした…。(余韻)

男性は45分あれば余裕で足りますが、

女性は45分だと少しタイトになるかも…?

 

 

 

館内でお酒を購入できる場所は2ヵ所!

  • 1階の自動販売機
  • 1階のおみやげ屋

 

温泉街を歩いていると、お酒屋さんもあったので、

珍しいお酒はそこで調達したほうがいいかも…

あとは、4階・5階に通常の自動販売機がありました。

 

 

 

では、お待ちかねの夕食になります。

 

食事会場は3階の宴会場

 

入口に自分の部屋番号が書いてあるので、

それを目印に探してみて下さい。

 

 

待望の夕食登場!

今回予約したプランはエースJTBでの「和牛会席プラン」

通常メニューより、1品多い、グレードアップ内容です。

 

料理が美味しいと聞いていた通り、大満足。

美味しすぎて、ビールが進みました…(笑)

 

食事会場も、他のお客様としっかり距離を取ってでの対応。

連休ともあってスタッフさんも忙しそうでしたが、1つ1つ丁寧な対応で、細やかな気遣いがありました。

 

大満足でした…。

 

 

翌日の朝食会場も同じで場所でした。

朝食は和定食。日本人はやっぱり和ですね。

1日の活力になります。しっかり観光に備えて食べましょう。

ご飯もお替りできます。

 

 

最後は、部屋から眺めれる景色を目に焼き付けてチェックアウトです。

11月は紅葉も色づき、とても素敵な景色でした。

しっかり羽を伸ばせてリフレッシュすることができました。

また、湯原温泉に来たいと思います!!

湯原温泉湯原国際観光ホテル菊之湯の予約はこちら(楽天トラベル)

 

湯原国際観光ホテル菊之湯 アクセス

店名湯原国際観光ホテル菊之湯
住所〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉16
TEL0867-62-2111
FAX
0867-62-3300
温泉(大浴場)4F・5F・屋上(露天風呂)
駐車場無料
最寄りインター湯原ICより車で10分
ホームページhttp://www.yubara-kikunoyu.com/

 

まとめ

 

岡山県民が岡山に泊まる機会って比較的少ないと思うのですが、

実際に宿泊すると、魅力を再発見でき、とても良かったです。

「湯原温泉」とてもお勧めです。

 

「GoToトラベル」を使用したのでリーズナブルに宿泊できました。

また、Gotoと併用できる「美作国観光連盟キャンペーン」も組み合わせしたので、尚、お得に旅行することができました。

また、湯原温泉へ遊びに来たいと思います~!

 

しょうへい
まだまだ湯原温泉の魅力が知りたいです!!

 

 

▼この記事を書いた投稿者▼

Twitter:@mizusyou828

Instagram:mizusyou828travel

倉敷観光公式LINE:公式ラインはこちら

 

 

【湯原温泉】湯原温泉にある廃墟は何!?なぜ壊さないのか?過去にはナニコレ珍百景にも登場

【湯原温泉】湯原温泉街にある「手湯足湯(てゆあしゆ)」同時にあたためて健康促進【料金無料】

【湯原温泉】「picnic or market ?(ピクニックオアマーケット)」は2Fで足湯で浸かりながらイートインできるカフェ【パン屋/お洒落】