【湯原温泉】湯原温泉街にある「手湯足湯(てゆあしゆ)」同時にあたためて健康促進【料金無料】

湯原温泉




 

湯原温泉は岡山県の北にある真庭市にあり、

とても由緒ある有名な温泉地です。

 

特に有名なのは「砂湯」です。

ここは、全国露天風呂で「西の横綱」としてランクイン(ちなみに混浴です…)

 

 

砂湯から反対側に歩くと「湯原温泉街」があり、

無料で楽しめるスポット「手湯足湯(てゆあしゆ)」があります。

 

足湯は聞き馴染みがありますが、手湯はあまり聞いたことがありません。

 

しょうへい
手をお湯につけるのかな…?

実際に行ってきました!レビューです!

 

【湯原温泉】湯原温泉にある廃墟は何!?なぜ壊さないのか?過去にはナニコレ珍百景にも登場

【湯原温泉宿泊レポート】「湯原国際観光ホテル菊之湯」へ宿泊してきました【口コミ・レビュー・感想】

【湯原温泉】「picnic or market ?(ピクニックオアマーケット)」は2Fで足湯で浸かりながらイートインできるカフェ【パン屋/お洒落】

湯原温泉街にある「手湯足湯」

手湯足湯

 

湯原温泉街のつづみ橋のたもとにある「手湯足湯」

その名の通り、手と足を一緒に温めることができる温泉スポットです。

同時に入浴することで、温浴効果抜群で、健康促進するそうです。

 

 

こんな感じで、足湯をしながら手湯をします。

足湯の経験は、過去に温泉地で何度もありましたが、「手湯」の経験がなく、驚きが隠せませんww

 

手や足を温めるだけで、体中がポカポカします。

この日は、少し肌寒く、厚めの上着でちょうどの気候でしたが、入浴後は、少し汗ばむくらいに…

手湯、足湯、恐るべき!!!!

 

 

ここは無料スポットになるので、タオル等の販売・貸出は一切しておりません。

温泉街をぶらりと歩く前に、タオル・ハンカチなどの持参をお勧めします。

 

座れるスペースは限られているので、タイミングによっては使用できないかもしれません。

少し時間を空けるなどして、工夫する必要がありそうです。

 

使用時間ですが、観光連盟の案内を見ると、

「深夜から早朝は利用できません」と表示。

(ちょっと曖昧ですね…w)

 

夜22時位は、周りは真っ暗ですが、

手湯足湯を楽しんでいる人もいました。

 

手湯足湯のアクセス

名称湯原温泉 手湯足湯
住所〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉
電話0867-62-2526(湯原観光情報センター)
時間深夜から早朝は利用できません。 (時間は不定)
定休日なし
ホームページhttps://www.maniwa.or.jp/yubara/

 

 

 

▼この記事を書いた投稿者▼

Twitter:@mizusyou828

Instagram:mizusyou828travel

倉敷観光公式LINE:公式ラインはこちら

 

【湯原温泉】湯原温泉にある廃墟は何!?なぜ壊さないのか?過去にはナニコレ珍百景にも登場

【湯原温泉宿泊レポート】「湯原国際観光ホテル菊之湯」へ宿泊してきました【口コミ・レビュー・感想】

【湯原温泉】「picnic or market ?(ピクニックオアマーケット)」は2Fで足湯で浸かりながらイートインできるカフェ【パン屋/お洒落】