【沢木耕太郎「深夜特急」】2020年7月1日に発売?【旅人のバイブル】




何十万もの熱狂的読者を持ち、バックパッカーのバイブルと呼ばれている『深夜特急』

この「深夜特急」の作者は「沢木耕太郎」だ。

 

沢木耕太郎とは、ノンフィクション作家である。

1970年代、まだ駆け出しのノンフィクションライターだった26歳の青年がバックパックを背負って日本を旅立ち、路線バスを使用しユーラシア大陸を横断する。後に、旅人のバイブルとなる「深夜特急」を書くことに。この人こそが「沢木耕太郎」である。

新潮社で「深夜特急1」~「深夜特急6」が発売されたのが1994年。当時多くの人が26歳になると「深夜特急」を片手に旅へ出かけたらしい。誰しもが憧れた存在であった。

 

あれから、月日が流れ、2020年7月に「深夜特急」が再び発売することになった。

補足説明

1994年発売分と内容の変更はありませんが、フォントの変更があるようです。

 

沢木耕太郎「深夜特急1」を読んで【読書感想文】ネタバレ

2020年6月7日

2020年7月1日に「深夜特急」が再び発売!

 

インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く。

ある日そう思い立った26歳の沢木耕太郎は、仕事をすべて投げ出して旅にでた。

インドへ行く途中に立ち寄った香港では街の熱気に酔いしれて思わぬ長居をしていまう。

その後、マカオへ行き「大小」というサイコロ博奕のみせられ…。

いざ!ロンドンへ!

 

「深夜特急」が読みたくなる!内容/あらすじ

第一章:朝の光

沢木はインドのデリーにいた。

日本を出発したのが半年前で、アパートの部屋を整理し引き出しの中の一円硬貨までかき集め、千五百ドルのトラベラーズ・チェックと四百ドルの現金を作ると仕事をすべて投げ出し出発した。

 

第二章:黄金宮殿

黄金宮殿という名の奇妙な宿へ放り込まれた沢木は、香港中に熱に浮かされたように歩き回り、眺め、話し、笑い、食べ、呑んだ。

香港は毎日が祭りのようだった。

 

第三章:賽の踊り

香港の熱狂から離れ、マカオへ息抜きに移動した。

マカオでは「大小」というサイコロ博奕に魅せられていった。

やろう!とことん、飽きるか、金がなくなるまで…。

 

 

沢木耕太郎「深夜特急1」を読んで【読書感想文】ネタバレ

2020年6月7日

 

▼この記事を書いた投稿者▼

Twitter:@mizusyou828

Instagram:mizusyou828travel