【海外へ初めて行く】海外旅行へ持っていくべき持ち物リスト7選。【旅行会社員が徹底説明】

お得な「旅情報」はこちら

 

どうも。現役旅行会社員のしょうへい(@mizusyou828)です。

本業で勤務しながら、旅情報を発信しています。

 

これから海外旅行へ行く方は、「何を持っていこう?何がいるかな~?」と悩んでいませんか??

大きなキャリーバックにはいろんなものを入れて出発します。

例えば、服、寝具、化粧品、メガネ、カメラなど。(準備も一苦労)

 

海外初心者様に向けて、海外旅行に持っていくべき持ち物リストを旅行会社員の私が説明します。

仕事で海外に行くので、私が持っていくアイテムを参考にしてみて下さい。

きっと何かに役立つと思います!!

 

海外旅行へ持っていくべき持ち物リスト7選

パスポート

命の次に大事な「パスポート」

忘れたら海外に行けれません。家を出発するときに必ず目で確認をしておきましょう。

まだ発行していない人は、最低でも2週間程度発行にかかりますので十分期間を持って用意しておきましょう。

 

現金(キャッシュ)

日本円の現金(キャッシュ)は必ず持っていきましょう。

クレジットカードで全て購入することを考えているかもしれませんが、仮に上限金額を超えたりすると困りますし、カードが使えない店もたくさんあります。大金を持って歩くと危ないですので、リスク管理は必ずしましょう(お財布を2つにするなど)。また、日本にはない「チップ文化」があります。現地で必要な分だけ換金するのがお勧めです。

 

クレジットカード

クレジットカードは海外では必須アイテムです。

クレジットカードを持っていないからと言って、全て現金で精算しようと思っている考えは1度辞めた方がいいでしょう。海外初心者によくある意見です。現金をたくさん持ち歩くとスリにあったりしてとてもリスクがあります。カードで買い物はとても便利なので準備していきましょう。

また、海外にはホテルのチェックインの際にデポジット制度があります。

簡単に説明するとホテルに一時的にお金を預けなければいけません。その預け金を「クレジットカード」で行います。まだ、クレジットカードを持っていないのであればこの機会に作成しておきましょう。

【関連記事】海外で超便利!クレジットカードは不可欠。便利な使い方を徹底解説。

 

海外旅行傷害保険

海外に行く時には「海外旅行傷害保険」加入を推奨しています。理由は”高額医療費”が該当します。

良く例に挙げられるのが、怪我をして病院へ行ったら請求額が数十万円、大怪我で手術となると驚く高額医療費がかかってきます。日本の医療保険など使うことはできません。

海外旅行保険は、万が一のお守りとして加入していきましょう。

最近は、クレジットカードに「海外旅行保険」が付いている場合があります。それもおすすめです!

【関連記事】楽天クレジットカードは所有するだけで「海外旅行保険に加入済み」申し込むだけで5000円分キャッシュバックもあり。

 

海外用アダプター

海外にはプラグが6種類に分類できます。

  • A型
  • BF型
  • SE型
  • C型
  • B3型
  • O型

A型は日本と同じ形状なのでプラグを刺すことができます。(アメリカ・ハワイなど)

なのでA型以外の形状では当然形が合わないので、プラグは刺せません。

そんな時にそんな方におすすめなのが、マルチコンセント変換プラグです。この1台で世界中に対応が可能です。

 

Wi-Fiルーター

「Wi-Fiルーター」は1台レンタルしていきましょう。

複数人で海外旅行へ行けば、1台をみんなで割り勘すればさほど高くないです。

むしろ所有せずいって、日本に帰ってくると携帯代が高くついた!といった経験もあります。

「Wi-Fiルーター」は同時接続も可能なので、安く・便利に使用することができます。現地での通信料を心配しなくて済みます。最近はLINE電話も電波でできるので1台レンタルしていきましょう。

私もいつもレンタルしています→海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

ネックピロー

「ネックピロー」は最近導入しましたww

最近の「ネックピロー」はとてもコンパクトになるので使用しないときには荷物の奥に入れても全然邪魔になりません。

これがあるとないとでは、疲れがとても変わってきます。騙されたと思って持っていましょう。

 

 

▼この記事を書いた投稿者▼

Twitter:@mizusyou828