【2019年最新】国内旅行業務取扱管理者研修の合格率とは?

勉強




こんにちは!水川(@mizusyou828)と申します。

岡山県で旅情報を発信しております現役旅行会社員です!

 

旅行系ブログを発信し続けて1年が経過しました。

同業者(旅行業)から、ある問合せが届きました。

 

国内旅行業務取扱管理者研修って参加するだけで合格できるのですか?」

 

この記事では、これから「国内旅行業務取扱管理者研修」を受ける人向けとなっております。

気になる方は、最後まで読んでください。

そして、共に「旅行業」を盛り上げていきましょう!!!

参考までに私自身も2019年度の研修を合格しましたので最新情報になります。

 

国内旅行業務取扱管理者研修

国内旅行業務取扱管理者研修は、本研修の修了年度もしくは次年度の国内旅行業務取扱管理者試験の受験に際し、試験科目のうち「国内旅行実務」の科目について免除を受けることができます。
本研修の修了者は、試験科目が一部免除となることから、試験に代わり必要な知識と能力に関する課程についての研修を行い、研修後に修了テストが実施されます。
受講資格は、旅行業者または旅行業者代理業者に最近5年以内に3年以上従事した経験を有し、現在も引き続き旅行業務に従事している者を条件としております。

全国旅行業協会ホームページ 引用

水川
簡単にまとめると「国内旅行業務取扱管理者試験」の一部免除ができる研修のこと!

ちなみに受講できるのは、旅行会社勤務者のみとなります。

ちなみに「国内旅行業務取扱管理者試験」は国家試験になります。

 

 

この国内旅行業務取扱管理者試験」は合格率が30%代と非常に難しい試験なんです。

試験内容には、「法令」「約款」「国内実務」と3科目受験が必要

その中でも、特に「国内実務」の問題が難しいとされています。

しかし「国内旅行業務取扱管理者研修」に出席し、修了テストを合格すると「国内実務」を免除することができます。

水川
なんともありがたい制度…

また、この国家試験は1度合格すると永久に資格保有者となります。

更新試験などはありません。

旅行業界で働く方にとっては給与が上がる対象となるので取っておくと良いでしょう。

 

国内旅行業務取扱管理者研修を受ける人が気になる合格率

こんな質問がめちゃくちゃ多いです

質問者①
国内旅行業務取扱管理者研修って参加するだけで合格できるのですか?

質問者②
事前に勉強をしなくても、合格できますか?

質問者③
最後の修了テストはどんな問題ですか?

 

確かに、気になりますよね…

(私も当時は気になりましたwww)

結論から言うと、2018年度「国内旅行業務取扱管理者研修」合格率は84.6%だったそうです。

 

合格率は高いが修了テストは難しい?

この数字を見て、「余裕と思う人」と「残りの15.4%になるかも知れない」と意見が分かれると思います。私は性格上、心配症なので、過去問を解いたり、参考書を購入して、とにかく「国内実務」のみをひたすら勉強しました。

その結果、修了テストを無事合格することができました。しかし、勉強したにも関わらず、当日の修了テストに達成感はありませんでした。なぜかと言うと、問題の半分以上自信を持って回答できなかったからです。

結論、事前勉強は必要だと思う、、、

半分の問題を回答できたのはある程度事前に勉強していたからだと思います。これを疎かにしていたらもしかしたら合格できていなかったかもしれません。私の個人的な感想になりますが、ある程度、勉強をしていった方が良いと思います。実際に送られてくる受験票の案内文に「事前に勉強すること」と記載されております。

修了テストには過去問も出題されておりました。お勧めは過去問を解きながら勉強することです。

私が実際使用した参考書

参考書は最新版を使用した方が良いです。理由は少しずつルールが改正されるからです。

尚且つ、ルール改正した箇所は試験に出やすい傾向があります。

国内実務問題は地頭・経験・知識が必要

「国内実務問題」は勉強しにくい内容だと思います。なんせ範囲がありません。国内のこと全てが問題になるのですから…。旅行会社で勤務しているとある程度、身につく情報・知識などありますが、自分の苦手なエリアももちろんあるはず…。

私の場合は東北方面が苦手だったのですが、見事に修了テストで東北方面ばかり出題されて焦ったのを思い出します。この辺りは、しっかり研修を受けて出題内容を伺いましょう。

結論

合格率は高いとは言え、事前に過去問を解くなどして対策を取るべき。

修了テストの出来に自信がなく、合格発表を待つのは嫌でしょう?それくらいならしっかり予習をしておいて気持ちよく合格しましょう。

何か質問があればこちらから受付をしております。お気軽にお問合せください。

 

 

▼この記事を書いた投稿者▼

Twitter:@mizusyou828

Instagram:mizusyou828travel

倉敷観光公式LINE:公式ラインはこちら